羊の国のテオテオ・ファーム 羊の国のテオテオ・ファーム 羊の国のテオテオ・ファーム

BLOG / NZファーミング / ひとりごと

2016年メンバー決定!(多分)

Posted on 2016-01-26

先日「ファームのゴシップPart2」で、ペネロペとチャーリーの結論を否定するかのような事をほのめかしました。実はね・・・

現在、テオテオ・ファームのメンバーは
- 羊4頭
- 豚1頭
- アヒル5羽
となっていて、この子たちが生活するエリアは全部で2エイカーくらいです。
(約8千平方メートルかな?)

みんな、牧草を主食としているので(プラス1日一回専用フードもあげている)
土地のサイズと動物の数のバランスは、割りと理想的ではなかろうかと思います。
というか、まだまだ余裕ありです。
各頭、十分すぎるスペースと牧草があるせいか、のんびり仲良く暮らしてマス。
良いことですね。

なので頑張ればもう数頭増やせないわけじゃない。
ちなみにこの春(2015年9月~12月)、お話をいただいたのが
- ロバ1頭
- 雄鶏2羽
- 猫2頭
だったのですが、ロバはすぐ近所に既に3頭レスキューしているお宅があるのでそちらへ。
雄鶏はうちくらいの極少ファームでは近所迷惑でまず無理。(朝の鳴き声)
猫はこちらのブログでも毎日描いているように、引きうけております。
幸せにするよう日々努力中。

でもまあ、お声がかかるってうれしいです。
できれば20エイカーくらいの土地で、みんな引きうけることができればいいんですけどね。

実は3週間前、また新たにお声がかかったのです。
それはラマ2頭。

この子たち。どっちも女子だそうです。

この子たち。どっちも女子だそうです。

なんでもクライストチャーチの郊外で外国人が経営していたラマ牧場があったんですが
オーナー(金持ち)が海外旅行に出たきり帰ってこなくなり6か月が経過。
その間、50頭を超えるラマたちの世話は全く行われて無くて、保護団体がレスキューに入ったんだそうです。
そのうち2頭を引き取らないか?と。

以前から「いつかアルパカを迎えよう」と計画してたこともあり、かなり乗り気でした。
「じゃあお見合いしに行きますね」と返事をしたものの、迎え入れること大前提で
「ラマ小屋」の値段を調べたり、新しくラマ用にフェンスを増設することを計画したり
けっこうウキウキしてました。
ふざけた名前をいっぱい考えたりなんかしてね。

だから実は、「ファームのゴシップPart1」は「ラマ」のつもりで描いた漫画でした。
それが、その画像をアップしているまさに!その最中に、
マカロンさんがアヒル3羽を連れてくるの巻。
慌てて変更したというね。

ようやく「ファミリー」になりました~。ラッキーもいるよ。

ようやく「ファミリー」になりました~。ラッキーもいるよ。

結論から言うとラマは一旦辞退しました。
ちょっと自分の今の度量では無理かな、と思って。
新しい子たちを迎える際にはしっかり時間をとって見ていてあげたいんですが
今その時間がとてもじゃないけどとれそうにないなあ、と思って。

というのも新しい家族の保護猫と犬。
今はこっちだろう、しっかり見ていてあげないといけないのは。
と自分でもすごく思うのです。

そんなわけでペネロペとチャーリーのゴシップはあってます。
幸いにも新入りの3羽さん、すっかりファームのみんなに馴染んじゃってるし。

ペネロペ(豚)の側に集うアヒル・ファミリー

ペネロペ(豚)の側に集うアヒル・ファミリー

ので、どうぞ、どうぞ。
遠慮なくアヒルさんたちの新歓コンパひらいちゃってください。

そのときには呼んでね。

=====

ブログランキングに参加してみました。


ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ

=====

もう一つのブログ
「羊の国のラブラドール絵日記シニア!!」もよろしくお願いします。

Related Posts