羊の国のテオテオ・ファーム 羊の国のテオテオ・ファーム 羊の国のテオテオ・ファーム

BLOG / ダックス

ダック・シューティングの季節

Posted on 2016-05-11

すっかり書くのを忘れてたんですが、週末から「ダック・シューティング」が解禁になりました。カモ狩りのシーズンです。

このあたりはハンターの方も多いため、土曜日の夜明けとともに
遠くのほうから銃やガンドッグたちの歓声が聞こえてきます。

というわけで、我がテオテオ・ファームも起きたら一番にダックスたちの数を数える日々。
いーち、にーい、さーん、しーい、ごーお。
11052016_1

おー、みんな。いるいる。

うちはアヒルなんでね、関係ないんですけども。
英語ではどちらもダックスなものでね。
間違える人なんていないんですけどね。
一応念のためにね。

ハンティングのルールには色々あって、空を飛行中のカモのみ仕留めること(銃の発射)が許可されています。
いくら狙いをつけたカモがいたとしても、その子が湖や池におりてしまうとそこでストップ。
カモにとっては安全地帯です。

なので10cmくらいの高さしか飛べない我が家のアヒルたちは(そういう種類なので)超安全です。
なので安心したまえ、君たち。

でも心なしかナーバスっぽい。

でも心なしかナーバスっぽい。

しかも今年は、一番ハンターたちが集うであろう解禁日がバリバリの晴天で
カモ狩りには最悪のコンディションだったそうですよ。
カモがすぐに高度をあげて逃げていってしまうか、おだやかな水に着水してしまうからですって。

なのでコンディション的に望ましいのは、どんよりと雲が低くて、水面が荒れる程度の風が吹いている日。
本来であれば、5月ってそんな日が多いんですけど。
今年は異常にあたたかくて天気が良い日が続いているので、いまひとつ盛り上がらなかったようです。

このあたりでラブラドールが多いのはそれもあって、凍るような水にばしゃばしゃと入っては仕留められたカモの回収にはげみます。
彼らの大活躍するシーズン。
仕留められたカモが池に落ちるたびに、「ボクが回収する!」「わたしが!わたしが!」といったラブラドールの吠える声が遠くから聞こえてきます。

なので、ハンティングが趣味の近所の方や知り合いに
こんな写真を見せるとね
04092015_pic2

04092015_pic3

みんな頭を抱えます・・・。

 

 

 

=====

ブログランキングに参加してみました。


ニュージーランド(海外生活・情報) ブログランキングへ

=====

もう一つのブログ
「羊の国のラブラドール絵日記シニア!!」もよろしくお願いします。

Related Posts